尾道

 夏の始まりは『尾道』に行ってきました。

   まだ梅雨は明けていませんでしたが、夏の連休を使って小旅行に行ってきました。

ここ最近はこの時期は静岡のap bank fesに行っていたのですが、今年はついにチケットが入手できずに少し違う夏の始まりです。

巨大なアヒルが大阪でなく、この尾道で展示されるというニュースを見て、連休の行き先が決定!ようやく尾道の街めぐりも出来ました。

予定よりも早く到着したので、先にアヒルを探そうと尾道駅前に行くと探すことなく簡単に見つかりました。長年、大阪の中之島付近で見ていたアヒルも場所を変えても何故だか違和感なく、のんびり浮かんでいました。

その後、尾道の山の上に行くためにロープウェイ乗り場に移動。先に、乗り場のすぐそばの“茶房こもん”で朝ごはん。ワッフルを頂きました。この店は、映画の撮影でも使われている有名なお店。

 お腹を満たして3分の空中移動。

展望台があったり、千光寺公園からも景色が一望。尾道水道に浮かぶラバーダックも見えました。

 この日は本当に暑くて歩く度に汗が噴き出す感じ。それでも帰りは石段、石畳を下って行きました。

この辺りは、昔から映画やドラマの撮影でもよく使われていることで有名。確かに絵になる景色でした。

汗をかきながら降りたら『からさわ』というお店で手作りのアイス最中を頂きました。ちょっとシャッリっとした触感で渇いたノドがちょっと潤された感じになりました。

『おのみち映画資料館』に立ち寄った後、鞆の浦へ移動。ここは「丘の上のポニョ」の舞台と言われている場所。

 古くは坂本龍馬率いる海援隊が率いるいろは丸が沈没したという『いろは丸事件』があったところ。

今はいろは丸という船が観光船として遊覧していました。この地も小島がとても多くて景色が綺麗。暑くなければゆっくり見ていただかったのですが・・・。

 本当はこれで夕食を食べて帰る予定でしたが、暑さのせいか時間が早かったので福山港に来ていた帆船『海王丸』を見てきました。

福山には初めて入港したらしく、港の近くの駐車場に誘導されてそこからシャトルバスに乗りました。確かに大きくて立派。でもそれよりも沢山の人が来ていることにちょっとびっくり。

結局、充実の尾道への旅となりました。

Filed under: お出かけ — admin 16:22

松島

5日目。旅はついに最終日。

夜に牛タンを食べた仙台を後にして松島に移動。

マリンピア宮島水族館 「マリンピア松島水族館」に到着。

 

ここは東日本大震災で甚大な被害を受けたところ。津波の被害と停電により水質保全ができずに、多くの生き物が犠牲になりました。それでも各地の水族館の支援により、新しい生き物を迎え入れたり、預かってもらっていた生き物が戻ってきて営業をしています。

館内には震災の時の様子の写真が掲示してありました。大型の生き物はいませんが、

 

 

アシカショー アシカショーがあってみんなを喜ばせてくれます。ちょっとコミカルな進行で笑いが何度も起きます。そんなショーだったり・・・

 

まんぼう マンボウが悠々と泳いでいたりします。

 

そして・・・・

 

 

 

ウーパールーパー

ウーパールーパーもいます。なんだか懐かしい気がします。

もちろん、もっといろいろな生き物たちがいます。ペンギンもいたのですが、ガラス越しに撮らないといけなかったので・・・ちょっとうまく撮れませんでした(;_;)。

 

水族館で和んだ後は、遊覧船です。十和田湖の遊覧船は人がまばらでしたが、こちらは修学旅行の小学生がカモメの餌(かっぱえびせん)を手に乗船してきました。ほかにも沢山乗っていて賑やかな出航です。

宮島島めぐり 大型の船で出航します。

後方のデッキでカモメに餌をあげるので船が動くと同時にカモメたちも一斉に船に向かって飛び立ちます。私は、まじかに鳥が来るのは苦手なので遠くから見ていましたが、子供たちはそれは楽しそうでした。

松島の島めぐりは海なのでスピードもあるけれど、結構揺れを感じながら島々の説明が流れてきていました。

 

船からのながめ50分の船旅はあっという間でした。

 

その後は、遅めのお昼を食べて仙台空港へ。これで旅も終わりです。

5日間の東北は天候に恵まれて予定の行程を無事に終えることができました。震災があったこの地でしたが、観光地を選らんで回ったこともありそれほど感じることはありませんでした。ただ、ところどころで、『ここまで津波が来ました』というような表示が時折見受けられたり、仙台空港の近くには、津波にのみこまれたんだろうという店舗がそのまま残されていたり、時折やはり自然の怖さに知らされました。

今回は車移動で走行距離は700キロでした。はぁ~~~それでも東北の太平洋側の少しだけ・・・また行きたいけど・・・行けるかしら???

Filed under: お出かけ — admin 13:25

平泉

世界文化遺産に行ってきました。

前日に平泉に泊まって朝からゆっくり回りました。

毛越寺(もうつうじ) まずは、毛越寺。

奥州藤原氏二代基衡、三代秀衡が造ったお寺。お寺よりも庭園が“浄土庭園”と言われていて広大で池もあるのだけれけれど・・・写真では伝わらないかと思って画像は本堂です・・・<(_ _)>。

池の周りにも常行堂などがありますが、遺構も多くて・・・すべてが残っていたらどんなだったか・・・想像して回りました。

 

観自在王院跡(かんじざいおういんあと) 毛越寺のすぐそばにあるのが

『観自在王院跡』ここは、藤原氏二代基衡の妻が建立したというお寺の後。

建物は何も残っていないので「舞鶴池」を中心にした史跡公園として残っています。

この庭園も浄土を表現した浄土庭園と呼ばれるそうです。

黄色い菖蒲のような花が咲いていてちょっときれいな気がしたので撮ってみました。

 

高館義経堂(たかだちぎけいどう) 源義経が四代泰衡に襲われ、妻子とともに自害した場所です。

お堂の中に木造の義経堂を祭られています。高館(たかだて)という高台で北上川が見下ろすと見える場所でいいところなのに・・・ちょっと複雑。

お参りをしてそして景色を眺めて降りてきました。

 

 

 

中尊寺金堂 昼食を終えてようやく中尊寺へ。

藤原三代の遺体が収められている霊廟である金色堂に至るまでに、「弁慶堂」や「本堂」「薬師堂」「不動堂」「大日堂」などがあって、1つずつお参りしながら歩みをすすめます。

金色堂は覆堂の中にあるので外からだとその姿はわかりません。一歩中に入ると、煌びやかなお堂が見えます。そして阿弥陀如来や観音菩薩など輝きを失うことなく安置されていました。

この後で以前に金堂を収めるために使っていた旧覆堂の中に入るととても大きく感じたので、金堂の大きさをそこでまた改めて知ることとなりました。

1124年に造立されたというこのお堂が今もそのまま残されているというのは本当にすごいし良かったとしみじみ思いました。

極楽浄土を夢見て作ったこのお堂のなかで清衡は今の世の中をどう思っているのだろうと思わずにいられません。

平泉はやはり観光バスで来ている人たちも多くて今までと違う賑やかさ。さすがだなぁと思いました。

本当は、金鶏山(きんけいざん)という98.6メートルの山に登ったり、柳之御所遺跡、無量光院跡にも行ったのですが、そこは割愛ということで・・・

ここから仙台に移動です。

Filed under: お出かけ — admin 10:58

小岩井農場まきば園

3000haの広大な農場でした。

小岩井農場まきば園ミルク館&ウール工房 3日目は盛岡から20キロ程度離れたところにある小岩井農場まきば園に行ってきました。

昨日の奥入瀬は苔のちょっと湿った匂いだったのが、今日は芝生の草っぽい?匂い。

平日だったので普通でも広いところがより広く感じられます。

小岩井ひつじショー 羊の牧草地のとなりでは、牧羊犬がひつじを世話する『ひつじショー』 を見ることができました。ショーが始まるまでの牧羊犬はなんだかどこにでもいるような雰囲気なのにいざショーが始まると人格ならぬ犬格が変わった感じで凛々しい感じ。

実際にはうまくいかなかったりもしたのですが、それはお愛嬌な感じで楽しいショーでした。

 

羊の放牧地 丁度、仔羊が生まれたということで一番見やすいところに親子の羊がいました。1組だけ双子がいるということだったんだけど・・・この親子かしら?

広々とした芝生でのんびりしている羊たちを見ていたらこちらものんびりとした気分になりました。

 

 

 

トロ馬車 トロ馬車という昔ながらの乗り物で牧場の風景を眺めることもできます。

 

でも、私は『農場ツアー』というのでバスで農場を案内してもらいました。121年前から当初からあった建物や牛舎だったり、バイオマスの施設、天然冷蔵庫、そして小岩井の経営を担っている林業の試験モデル。

知らないことが一気にわかった気がしました。お勧めです。

Filed under: お出かけ — admin 10:03

十和田湖・奥入瀬

2日目もいい天気に恵まれウォーキング日和

十和田湖遊覧 湖畔の宿を後にして、遊覧船で十和田湖を周遊。

朝が早かったこともあって・・・乗客は5人。大きな船だったのになんだか贅沢というかちょっとさびしい感じ。

噴火によってできたカルデラ湖の十和田湖は とても穏やかで綺麗。のんびりとした50分の周遊を楽しみました。

そのあと、開運の神社である十和田神社まで散策。

散策をしているうちに観光客も増えてきて少し賑やかな雰囲気に。観光地はやっぱり少し賑やかな方がいいです。

早めの昼食を取ったあと、今日のメインである奥入瀬渓流へ。

十和田湖の水が流れ込む奥入瀬渓流はちょうど新緑の季節。

奥入瀬渓流1

木々が茂った中に川が色々な流れを見せていてとても綺麗。

やはり、白い水しぶきが上がっている辺りはちょっと絵になるって感じ。

見どころには名前が付いていたり、色々な名前の滝があったり、楽しみながらなんとなく自分なりに写真も撮ってみました。

 

 

 

銚子大滝 20メートル幅、落差7メートル 銚子大滝はこの渓流では最大の滝。見どころとして知られています。

水量もとても豊富で迫力がありました。

周りの新緑がまたいい感じ。

 

 

 

 

 

奥入瀬渓流2 奥入瀬渓流は歩いていくには4時間位かかるのでところどころしか見れなかったけれど、下流はまたちょっと違う見え方。つつじのような花も咲いていました。

予定していたよりも長い時間歩いて森林浴をしたって感じでこの日日程も無事終了。

お天気に恵まれて良かったです。

Filed under: お出かけ — admin 22:02